平成26年度高度実践型支援人材育成研修が始まりました!

当法人では、昨年度に引き続き、中小機構の高度実践型支援人材育成事業を受託し、
関東経済産業局地域内の企業支援経験の乏しいITコーディネータを対象に、
下記の支援人材育成研修を実施することとなり、8月30日(土)に座学研修の第1日目が開かれました。

【研修概要】
1.目指す研修効果
企業戦略策定からIT経営実践までの一貫体系及び実地でテーマとなることの多い
インターネットマーケティング・プロモーションとコミュニケーションスキルについて
知識を習得し、実地企業支援の実践体験をする研修を企画・運営することにより、
多様な経営支援能力を保持した人材を育成し、経営支援者活動の活性化を図る。
2.研修計画内容
・対象者  ITC資格を有し、企業支援経験の乏しい者。
     ITCA経由での公募により先着順で11名が決定。
・座学研修 (実施場所:船橋商工会議所内会議室)
・8月30日(土)講師:田中憲之氏 経営戦略策定プロセス
・9月6日(土) 講師:名和満氏  コミュニケーションスキル
・9月13日(土)講師:谷内剛氏  インターネットマーケティング・プロモーション
・経営支援実地研修(OJT)  (実施期間:平成26年10月~平成27年1月)
企業毎に、主副2名の研修生を割り当て、各企業の経営戦略の策定支援を実地研修する。
各社の訪問回数は3回を予定し、訪問前後にSkype等を用いて打ち合わせ並びに提出物
(成果物)のレビューを行う。
各研修生は、主担当者として1社、副担当者として1社、計2社を担当する。
支援先企業は原則千葉県、または東京都内の中小企業(11社を予定)とする。
※支援先企業は8月末目途に決定する。
※各支援先への研修生の割り当ては、9月末までに決定する。
(実地研修の流れのイメージ)
■企業訪問前(Skype) 事前打ち合わせ、留意点等の確認
◇企業訪問1回目   経営者へのヒアリングと問題点・課題の洗い出し
■第2回訪問前(Skype)1回目訪問レビュー、SWOT分析結果資料のレビュー
◇企業訪問2回目   SWOT分析結果の提示、課題への対策案の洗い出し
■第3回訪問前(Skype)2回目訪問レビュー、SWOTクロス分析、経営戦略案
(戦略マップ等)の資料のレビュー
◇企業訪問3回目   SWOTクロス分析ならびに重点課題に対する対策と経営戦略案の発表
■(企業訪問3回目終了後(SKYPE) 必要に応じて3回目訪問のレビュー等を実施)

【座学研修1日目の風景】
Jpeg

P_20140830_164446_PN