About Us

このたび当法人は、姉妹組織のITC千葉ネットワークと組織統合を行い、10月1日をもちまして法人名を「特定非営利活動法人ITCちば経営応援隊」に変更し、新たなスタートを切りました。それに伴い、これまでITC千葉ネットワークにて主に運営してきたセミナーに関しては、「学び事業」という形で、引き続き継続的にセミナー実施を行って参ります。

つきましては、下記に詳細な案内及び申し込み受付を開始いたしますので、ご確認下さい。

ITCちば経営応援隊・2021年11月オンラインセミナー開催のお知らせ- お知らせ – ITCちば経営応援隊 (miitus.jp)

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

このたび当法人は、姉妹組織のITC千葉ネットワークと組織統合を行い、10月1日をもちまして法人名を「特定非営利活動法人ITCちば経営応援隊」に変更し、新たなスタートを切りました。

これを機に、全会員が新たな気持ちで自らのスキルを高め経験を積むことにより、特定非営利活動法人としての事業目的を果たすべく、活動していく所存でございます。

日頃の皆様のご支援に心から感謝申し上げますとともに、なにとぞ変わらぬご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

尚、統合に伴い、改めて当法人の目的と事業を見直し、また組織と理事、監事の担当領域を、以下の通り定めましたので、併せてご報告いたします。

 

 

  • 新法人名              特定非営利活動法人ITCちば経営応援隊

                           (旧法人名:特定非営利活動法人ちば経営応援隊)

 

  • 目的と事業          当法人は、ITコーディネータ等の育成・普及を図るとともに、主に千葉県内において、企業・公共機関・非営利団体等における各種経営活動(特に情報技術の利活用等)に関わる支援事業、ならびに、上記団体等に属する人および一般市民等に対して、情報技術に関わる啓発事業を行い、豊かで暮らしやすい地域社会の創出と質の高い市民生活の実現に寄与することを目的とし、以下の事業を行う。

                            1. 経営支援事業

                            2. 研修事業

                            3. 各種業務支援・研修等の受託事業

                            4. その他目的を達成するために必要な事業

 

  • 理事            浅井 鉄夫           理事長

                            松下 正夫           副理事長(兼 学び事業担当)

                            稲垣 実              実践事業担当

                            諸戸 將人           会計担当

                            川名 正幸           事務局長

                            徳永 雅彦           実践事業担当

                            進 京一              特命担当

  • 監事          早田 和男          

(連絡先:rijicho@npo-chiba-keiei-oentai.org)

以上 

ITコーディネータ協会がコラムを掲載している「@人事」のウェブサイトに、今年度NPO法人ちば経営応援隊が取り組んでいる、SECURITY ACTIONのロゴマーク取得に向けた支援活動事例が紹介されました。

ぜひ以下のリンク先からご覧ください。

https://at-jinji.jp/expertcolumn/70

ITを活用して企業業績を上げられる人材を作る(第4回) 

中小企業の情報セキュリティ対策として注目される新情報!

~今年4月から「SECURITY ACTION制度」がスタート!~

 

ちば経営応援隊ではSECURITY ACTIONの「普及賛同企業等」の団体として、ロゴマーク取得に向けた支援活動に積極的に取り組んでいます。

※ロゴマークの取得方法については、上記のリンク先「SECURITY ACTION制度」をクリックしていただくと、詳細が記載されています。

 

今回の事例をもとに、たくさんの中小企業に横展開できればと考えております。

ご関心のある方は、当ホームページの「お問合せ」からメールにてお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

NPOちば経営応援隊の平成28年度の活動の記録を小冊子に纏めました。今後も毎年発行の予定です。
サイドバー上の「活動の記録」にPDFを掲載済みです。  (事務局・広報担当)

 

平成28年版 (平成27年度活動の記録など) 平成28年8月発行   PDF:1.3MB

週刊BCN(2013年8月12日/19日付け Vol.1493、同26日付け Vol.1494)の「IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!」コラム欄に、当法人の自治体向け活動の記事が掲載されました。
取材には齋藤が応対を致しました。
週刊BCNのホームページで、バックナンバーとして閲覧できますので、ご一読ください。
週刊BCN 8月12日・19日合併号 京成津田沼駅前の「ワイがや通り活性化」活動の記事
週刊BCN 8月26日号 千葉県地域IT化推進協議会の「ITリテラシ向上対策部会」の記事
(齋藤 記)

平成25年6月29日午後、船橋中央公民館において、下記の通り、当法人の通常総会が開催され、議案は全て満場一致で承認されました。

総会終了後の記念講演会には当法人会員16名に加え、3名のITC千葉会員が出席しました。
第1部では、千葉県庁商工労働部経済政策課の二川 健一郎様、相澤修一様より、千葉県の経済情勢と政策全般に関するご講演を賜った後、千葉県の元気戦略に関して意見交換を行いました。
引き続き、第2部では、経済産業省関東経済局新現役アドバイザーの保田邦雄様より、各地区信用金庫の運営による「企業と新現役の交流会」の実績と今後の計画、ならびに国の中小企業・小規模事業者ビジネス創業等支援事業の詳細についてご講演を賜りました。
いずれも当法人ならびに会員をはじめとするITコーディネータの活動にとって、大変有意義な内容でした。
ご講演者に感謝申し上げます。
なお、承認された平成24年度の事業報告書、決算報告書類、平成25年度の事業計画書、活動予算書については、情報開示のページに掲載済みです。(事務局 齋藤記)

  【第10回 通常総会の概要】
Ⅰ.開催日時 平成25年6月29日(土) 14時15分~14時45分
Ⅱ.開催場所 船橋市中央公民館 第3集会室
Ⅲ.出席社員数  28名(内、委任状15名)/全社員数 33名
Ⅳ.議案
  第1号議案 平成24年度事業報告
  第2号議案 平成24年度収支決算報告
  第3号議案 平成25年度事業計画
  第4号議案 平成25年度活動予算
 すべて満場一致にて承認されました。
Ⅳ.記念講演               15時~17時15分
  記念講演1 「ちば中小企業元気戦略(中小企業の元気が千葉県の元気)」
          *ディスカッションを含む
   千葉県商工労働部経済政策課 副主幹 二川 健一郎 様、 副主幹 相澤 修一様
  記念講演2 「中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業 平成25年度の運用」
   関東経済産業局 新現役アドバイザー 保田 邦雄 様

NPOちば経営応援隊の活動の記録を小冊子に纏めました。今後も毎年発行の予定です。
サイドバー上の「活動の記録」にPDFを掲載済みです。  (事務局・広報担当)

平成24年版 (平成23年度活動の記録など) 平成24年7月発行   PDF:2MB

平成24年6月16日(土)海神公民館において、NPO法人ちば経営応援隊の第9回通常総会が開催され、上程された議案はすべて満場一致で決議されました。(総会議事録 PDF:532KB)

平成23年度事業報告書、平成23年度決算書類、平成24年度事業計画書、平成24年度活動予算書、および定款改訂案(定款変更認証手続き中)については、サイドバーにある「情報公開」ページより閲覧可能です。

平成24年6月30日付けで役員体制については以下となります。

代表理事

浅井 鉄夫

(再任)

 理事長

理事

齋藤 謙一郎

(再任)

 事務局長(広報・記録・名簿担当兼務)

理事

増澤 實

(新任)

 会計担当

理事

谷内 剛

(再任)

 事業担当

理事

名和 満

(新任)

 研修担当

監事

杉浦 敬三

(再任)

   ※ 理事:朝日 隆夫、田中 憲之は退任

さらに活発な活動を目指し、このほかに副担当5名を加えた体制で法人組織の運営を行います。
今後ともよろしくお願い致します。

総会に引き続き、千葉県総合企画部政策企画課地域振興室の冨塚昌子室長、東海林智之様、吉田實様、および中小企業支援ネットワーク強化事業関東経済局ネットワークアドバイザー保田邦雄様を講師にお迎えして、記念講演会が開かれました。

冨塚様からは、千葉県の人口が昨年、1920年の統計開始以来初めて減少し、今年の1~3月も1万人以上減少したとのショッキングな情報とともに、「輝け!ちば元気プラン(千葉県総合計画)」の概要についてご講演頂きました。

東海林様からは、千葉県地域IT化推進協議会についての概要と歴史、および各部会活動の実績と現状について詳しくご説明頂きました。またちば経営応援隊に期待することと大とのお言葉を頂き、当法人としてさらに積極的に協議会に参画すべく一同心を新たにしました。アンケートでも部会活動に参加したいとの回答が複数寄せられていました。

保田様からは、中小企業支援施策の歴史ともに、平成20年頃より保田様が主導する形で始め目覚しい効果を挙げつつある「信用金庫が仲立ちして企業と新現役人材/専門家のマッチングを促進する交流会」(シグマ信用金庫プロジェクト)について、その狙いと効果について臨場感のある語り口でご講演頂きました。新現役のひとりである筆者も次回交流会にはぜひ参加してみようと思いました(^^)  (事務局 記)

記念講演会で講演される地域振興室冨塚室長

記念講演会全体風景と講演される地域振興室冨塚室長

千葉県地域IT化推進協議会のご説明

東海林様による千葉県地域IT化推進協議会についてのご講演風景

信金が仲介する「中小企業と新現役/専門家交流会」のご説明

「中小企業と新現役/専門家交流会」についてご講演される保田様

 

日本経済新聞の首都圏経済ページの「首都圏けんてい」のコラムに、「NPOのっぽさん」というNPOの紹介コーナーがあります。
今朝(平成23年10月25日)の新聞に、当NPO法人ちば経営応援隊の紹介記事が掲載されました。
簡潔に当法人の活動の様子が纏められており、記者の方の文章力はさすが、と思いました。
『東日本大震災を機に中小企業も改めて事業継続計画(BCP)などの策定に動いている。ちば経営応援隊はセミナーなどを通じて、・・』で書き始められているところをみると、やはり震災後の復興・復旧および災害対策がニュース性に富むキーワードのようです。
著作権の問題がありますので、ここには全文を転記しませんが、ぜひご一読ください。
なお、写真は船橋商工会議所でのIT経営セミナーの風景で、浅井理事長と講師を務めた飛田さんが小さく写ってます。 (事務局 齋藤記)

PS) NPOを「のっぽ」と呼ぶんですね。知らなかった・・(^^)

企業向け、市町村向けのチラシが出来上がりました。会員各位の活動にお役立てください。
在庫は事務局が管理します。必要部数を都度ご連絡願います。
在庫が切れた場合は下記のPDFを適宜印刷してお使いください。

企業向けチラシ_2011
市町村向けチラシ_2011

なお、今後は毎年改定版を制作する予定です。  (事務局 齋藤)

(注)aboutusの「NPOちば経営応援隊とは」のページにもこれらのPDFのリンクを貼りました。法人説明も10月1日付けで改定しました。